11月3日(祝)
 ちばわんセンターレポートは

2日に訪問した「ちこさん」によるレポートでした。


トップは最終部屋で、2頭だけ。
11月2日期限





マウスをスクロールして最終部屋の子を見る。

そこには、

餌箱の中から動かない子と

f0078320_2325078


収容犬情報 in111026-01 成田市北羽鳥 黒茶白 中型 オス
11/1のレポートでもエサ箱に入っていました。
ふかふかのベッドで過ごさせてあげたいです。
26日の収容時には興奮してしまっていたようで、噛む素振りを見せていたそうですが、こうして遠くから見ている分には攻撃性のある子には見えませんでした。
何かを察しているのでしょうか。【センターレポートより】






もう1頭・・

餌箱のエサが食べられないでいると思われる、気弱そうな子がいた。

f0078320_23275365


収容された頃に比べ、すっかり痩せてしまって、

エサを食べたくても、餌箱に近寄れず、隅っこに小さくなってる哀れな姿だ。

f0078320_2328975

f0078320_23273275


収容犬情報 in111026-02 八街市大谷流 薄茶 中型 オス 茶色の首輪
部屋の中を時々移動していましたが、いつも隅っこにいました。
自信のなさそうな、生きていくことを諦めてしまったかのような
力のない表情でした。
エサ箱にもう1頭が入っているので、ご飯が食べられないのでしょうか。
収容犬情報に載っている写真よりだいぶ痩せているように感じました。
お腹ペコペコで最期の時間を過ごさせたくありません。
優しい時間を過ごさせてあげたかったです。

ごめんね。
何もできなかった。
来るのが遅かったかな。
せめて・・・ みんなの記憶に残ってほしい。
ここにいた証。
みんなの中にちょっとだけでも。。。




↑上記は、
この日リポーターとして初陣だった「ちこさん」が綴った文章!

″″最期を
優しい時間を過ごさせてあげたかった″″



けれども、腹ペコのこの子のこれが最期の境遇です!

ぼく、なんのなために うまれてきたの?」と言ってる。



落涙。




とっくんとマーちゃんを、まだ幸せの家庭へ導いてやれない現況を思う。
迎えたいけど我が家にそんなキャパはあるのか・・

しかしながら、
この子たちが今いるのは、最終部屋です。
あと何時間? 確実に命の灯は、消されてしまう・・



2日が期限ということは、3日の朝に処分機にかけられるはず!

この日11月3日は幸い祝日で処分は無いと思われ、
11月4日の朝に処分か!?

その前に連絡を取り、処分をストップさせることは可能なのだろうか??
そう考えながらも、とにもかくにも行動せねば!と、後先を考えない。
この子の死は、、何を以てしても解決できないのだ。
止めるしかない。
うちのキャパはなんとかなる、きっと。

メールで問い合わせる。

副代表からはすぐに返事あり。
やはり今日3日は祝日なので処分はないが、
4日の朝の処分として、此方が連絡出来るのは一番早くて4日の朝だという。

処分機が動く前に、連絡が間に合いストップ出来るかどうか、
もう神様に委ねるしかない。

「お願いします」と、処分ストップ&預かりの依頼をしました!


4日の夜、
 処分はなく、検疫にかけることが出来ました!
chieさんによるとおとなしい子だったそうです。

と一報をくださいました・・。( p_q)エ-ン嬉し泣き




この子たちが命の期限をまたいだ経緯は
11月4日 「chieさん」のレポートに載りました。 





そして11月2日が収容期限で
その日の夕方までは赤いリボンが着いていなかったこの2匹
▼in111026-01 成田市北羽鳥 雑 黒茶白 オス

f0078320_043940



▼in111026-02 八街市大谷流 雑 薄茶 オス 茶色の首輪
f0078320_05799

レポートを見て声を掛けていただきましたが
通常であればこの日の早朝に処分・・・でしたので
もう助けることが出来ない命でした

が、運良く
この日は処分が行われなかったそうで
最終部屋をのぞくと2匹の姿がありました!

早速検疫をお願いし
首には赤いリボンが巻かれ
まだまだ生き続けることの出来る機会が与えられました!

【 ちばわんセンターレポートより 】



私は白い子の預かりを依頼しましたが、
餌箱のin111026-01黒茶白の子も心を痛めました。
しかし・・
この子も同時に助かったようで、引き出し依頼した人もまた
白い子に対して、私と同じ気持だったかもしれませんね!


検疫を乗り越えて、我が家にやって来る日を待っています・・・





センターの中には体調の悪い子もいます。
どうぞ1頭でも多くあそこから出られますよう!
1人の預かりさんが命1こ助けられます。

生きる為の時間の無いセンターの子が
多くの人の目に止まるよう
1クリックおねがいします
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村